-習い事

公文『先取り学習』を通ってみた感想

こんにちは。

初心者ブロガーのわくわく母さんです。

困ってる人
先取り学習って良いのかな?
先取り学習して何か弊害があるのも不安。。。
悩んでいる人
悩んでいる人
周りがお友達が始めてるからうちも始めた方が良いのかな?

 

という疑問に、実際に息子が年中から公文(先取り学習)に通い始めたのでご紹介します。

 

公文・先取り学習

まず息子は『じゃない学習』=『花まる学習会』に年中から通っていました。目的は知識を増やすというよりも人間力(コミュニケーション力や積極性、思考力など。。)をつけたいと思ったからです。この子たちが社会人になる頃には知識はAIに任せられるから、人間力が大切!と思い、年中の初めから通っていました。

(2年間花まる学習会に通った感想はこちらからどうぞ)

https://wakuwaku-seikatsu.com/hanamarugakushuukai/

年長になるにつれ、周りのお友達も『〇〇ちゃん足し算出来るんだって!』『〇〇君、漢字を練習し始めたんだって〜!』という会話をママ友トークからよく耳にするようになり、

年中までは知識よりも人間力が大事!と思っていましたが、だんだんと『うちもそろそろ知識を入れとかないと、小学校はついていけないかも。。』と思い始めて、先取り学習の公文へ入会し、算数と国語をは年中の終わり頃から始めました。

公文初期・年中後期(すでに知っている問題のおさらいから)

入会前に事前にテストをして、自分にあったレベルからのスタート!

自分のレベルよりも少し前から始めたので算数も国語も考えることなく回答して楽しさは感じてはいませんでしたが、毎回やり直しがほとんどなかった為、自分は勉強ができる!いつも正解!と達成感に溢れ、自信満々でいつも帰って来てました。

(宿題プリント算数・国語 1日5枚ずつ)*お家のプリント時間は始めたばかりといこともあり、嫌がったりして習慣化させるまで大変でした。

年長中期(自分と同じ学年層レベルの問題を解く時期)

だんだんプリントも進み、前に比べて少し考えなくてはない問題になっていきましたが、答えが正解だったので達成感を感じながら帰って来てました。

(この時期からお家でのプリントの時間を前よりもとても嫌がるようになり、宿題プリント算数・国語を1日3枚ずつに減らしました。)

年長後期(半年先くらいの問題を解く時期)

年長後期でしたが、小学生1年中期くらいのレベルの問題になってきました。

もうこの時期から公文に行くのも嫌がる日もあり(大変な嫌がりではなく、あ〜行くの嫌だな〜くらい)楽しさなんてゼロですよね。宿題は以外にも習慣化されてきたせいか、自分からやることは一切ないですが、その時間になってプリントを渡せばやる。とい感じになっていました。

宿題プリントはさらに減らし1日算数3枚、国語2枚になりました。→うちは本当に一番少ないと思います。周りのお友達がやっている枚数が多くて焦ったこともありましたが、あくまで続ける。というところに重点を置いて、習慣化は今も続けられているので枚数にこだわらず、息子に合わせて良かったと思います。

 

公文・先取り学習によるメリット・デメリット

メリット

  • 学校の授業が復習になるから理解が早い!
  • 学校の授業がわかるから楽しい!
  • 学校の授業がわかるから自信につながる!
  • お友達に褒められる、自慢できる!
  • 中学受験を視野に入れられる!

中学受験以外で先取り学習にメリットを感じられるのは学校生活の場での優越感でしかならないのかも。。と私は思っています。

デメリット

  • わかるから学校の授業を聞かなくなる。
  • わかるから学校を馬鹿にしたような態度をとってしまう。
  • 自分は出来る!と勘違いしてしまう。
  • 本来苦手ではない科目も先取りをしたために苦手だと思ってします。

先取り学習したところで、まだまだ心は小学生だから、自分を大きく周りに見せたくなってしまいますよね。

ちなみに息子は1年よりも少し先の掛け算をやったのですが、やはり使わないから忘れました。先取りしすぎてただ先に進むだけで復習する場を与えられなったのが原因です。

まとめ

中学受験対策以外は、先取りはしても1年先までだと思います。もっと難しい事にチャレンジしたい!って自主性がある子は別ですが。親が進める必要はないと思います。

1年先くらいの先取り学習ならばちょうど学校での授業でも復習になりそうなので、理解力が上がる気がします。

ちなみに息子は半年先の先取り学習です。半年先くらいだと問題がわからない事にあまりイライラせず、少し考えれば出来る。というレベルなので全く嫌がらず朝と夜に習慣化されてやっています。親子共々、公文ノンストレスで丁度良いです。

 

次回は『公文の算数と国語のメリット・デメリット』をご紹介したいと思います。

 

最後まで読んでいいただきありがとうございました。

何かお役に立つ情報があったのであれば嬉しいです。

--習い事

© 2021 わくわく生活 Powered by AFFINGER5