【ヴィーガン・ベジタリアン】

【牛乳の代わりになる食材】ヴィーガン・ベジタリアン生活

こんにちは。

ベジタリアンの主人と、週2・3回ビーガンの私と、肉食小学生息子の食生活を管理しているわくわく母さんです。

困ってる人
牛乳の代わりになる食材はいろいろあるけど、どれが良いんだろう?
カルシウムは何から摂れば良いの?
悩んでいる人

牛乳は昔から苦手だった私はに何を代わりに使用してるかご紹介します!

牛乳の代わりになる食材

 

そもそも牛乳から摂れる栄養素とは?

牛乳には主にカルシウムが栄養素が高いですが、その他にもたんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれています。

身体へのカルシウムの役割

主に骨と歯の形成

こんなにバランス良い栄養素が含まれてる牛乳を代わりになるものはあるのでしょうか?

あります!

むしろ代替品の方が牛乳よりも栄養素が高いです!

豆乳

豆乳は牛乳にとても似ているので代替品としてとても使いやすい食材です。

豆乳は、脂肪が少なくコレステロールを含まない、最も自然に栄養価の高い植物性ミルクの1つです。 通常の牛乳のようにカルシウムは含まれていませんが、カルシウム、追加のタンパク質、ビタミンを追加した商品を店頭で簡単に見つけることができます。 豆乳は簡単に焼いたり調理したりできる代替品で、味がわずかに異なるだけで同様の完成品になります。

牛乳には乳糖が含まれており、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという方も豆乳はおすすめです。

こちらはカルシウム入り豆乳です!

アーモンドミルク

アーモンドミルクは牛乳や豆乳と比較して、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。なかでもビタミンEを多く含んでいるため、老化の予防に役立ち、美容と健康の強い味方になってくれます。また食物繊維もたっぷり含んでいるので、腸内環境を整えて、デトックス効果もあると言われています。さらに通常の乳製品よりもカロリーが50%少なくなっているので、とても女性の見方ですね!

こちらはオーガニックのアーモンドミルクです。

 オーツミルク

今後アーモンドミルクよりも人気が出るかも?!オーツミルク。

アーモンドミルクよりもカローリーは高いですが、その分オーツミルクは自然な甘みなので、店頭で売られている糖分が添加されているアーモンドミルクよりも、自然な甘みを味わえます。炭水化物もアーモンドミルクより多く含まれていますが、その分腹持ちはよいです。

また、栄養素は全てオーツミルクの方が高いです。

こちらもオーガニックのオーツミルクです。

 ココナッツミルク・ライスミルク

他にも植物性ミルクのココナッツミルクやライスミルクもありますが、こちらは牛乳の代わりになれるか?といったら、上記にご紹介した3つと比べると用途はとても少ないので、私も牛乳の代替品には使用しいていませんが、グリーンカレーやケーキ作りには使用しています。

まとめ

動物性ミルク(牛乳)じゃなくても、植物性ミルクだけで十分な栄養価は取れます。

栄養価にも経済面的にも、日本では豆乳が’一番牛乳の代替品になりますね。

アーモンドミルクやオーツミルクも消費者にもっとお手軽なお値段になったら嬉しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は『どの植物性油を使用すべき?』をご紹介します。

 

関連記事【卵の代わりになる食材】

-【ヴィーガン・ベジタリアン】

© 2021 わくわく生活 Powered by AFFINGER5